,

石を返す。(副)


昨年の秋に、埼玉県日高市にある巾着田に曼珠沙華(まんじゅしゃげ・彼岸花)を見に行ったとき、長女が石を持って帰ってきてしまいました。

DSCN0320

形あるものには何かがやどります。こんな小さな石であっても、元の場所に戻してあげるべきだなと、ずっと気になっていました。石をご神体とする神社もあるくらいです。

先日、日高市で神葬祭のご奉仕があったため、通夜祭の前に返してきました。

DSCN0321

この時季は、隣の河原でキャンプを楽しむ家族連れで賑わっています。

DSCN0322

駐車場代・500円を支払えば、一日楽しめます。四季を通じて楽しめる、おすすめの場所です。

,

願い事たくさんの七夕飾り。(副)

皆様、こんにちは。

今夜は一年に一度、織姫と彦星が出会う七夕ですね。

雨が心配です。このまま天気が持ってくれれば良いのですが・・・。

さて、当おやしろの七夕飾りにも、願いのこもったたくさんの短冊が結ばれました。

DSCN0318<1週間前の七夕飾り>

↓↓↓

DSCN0327<今日の七夕飾り>

例年になく多く、100枚以上の短冊が結ばれました。

今年は紙の短冊でなく、雨でも持つようにビ二ール紙で対応したので、キレイに残っています。

 

,

七夕飾りを設置しました。(副)

皆様、おはようございます。

早くも、6月もおしまいですね。

“当おやしろ”でも半年間の罪・穢を祓うべく、本日(6/30・木)は大祓の儀が執り行われます。

さて、この時季恒例となりました七夕飾りを、先週より境内に設置しました。

DSCN0318

早速、たくさんの短冊が吊るされています。

ご参拝の際には、星に願いを込めて、吊るして下さい。

 

新しい仕事。(H)

皆様こんにちは。梅雨に入り、ジメジメする日が続きます。

さて、新職員が奉職してから、一ヶ月が過ぎました。

今まで私が行ってきた事務仕事を後輩に引き継ぎ、副長に新しい仕事を任されました。

地鎮祭等の確認書を作成する仕事です。

P1020773

職員がお祭りを確実に進め、施主様が「だいこくさま」のご神徳をいただくため、丁寧に行って参ります。

 

,

初めての一人での地鎮祭奉仕。(I)

皆様、こんにちは。

先日(6/17・金)、練馬区と武蔵野市にて地鎮祭の奉仕に行って参りました。

地鎮祭・市来

初めて一人での地鎮祭奉仕をさせていただきました。適度な緊張感を持ちつつ、滞りなく奉仕することができました。

今までは見習いの立場で先輩方にいろいろと教わりながら、二人での奉仕でありました。

今後一人でいろいろなお祭りを奉仕していかなければなりません。これからも初心を忘れずに、しっかりと奉仕していきたいと思います。

,

境内にお花が咲きました。(副)

皆様、おはようございます。

今日(6/11・土)は梅雨の晴れ間で、清々しい朝を迎えています。

さて、先日のブログの記事でもふれましたが、境内に花々がやって参りました。

DSCN0310 DSCN0311 DSCN0313 DSCN0315 DSCN0317

アジサイと朝顔が特にきれいに咲いています。

是非、ご参拝ください。

,

境内ののぼりを交換。(副)

皆様、おはようございます。

最近は梅雨空らしく、ジメジメした日が続いていますね。

さて、先日境内ののぼりを新しいものに交換しました。

DSCN0308

今回は、ホームページをリニューアルした際に作製していただいた当おやしろロゴのデザイン(ハートに水引)を上部に配しました。

また、「縁むすび」ののぼりは‘白地に赤文字’にし、他のものと差別化を図りました。※「縁むすび」以外は‘赤地に白文字’です。そして、赤と白ののぼりを交互に並べ、縁起が良いように紅白に配置しました。

DSCN0309

今日(6/16・木)中には、境内にプランターの花々が設置される予定です。

空は曇天ですが、徐々に境内のイメージを明るく変えていきたいと思います。

 

 

,

葬儀について。(H)

皆様こんにちは。

6月6日(月)に神葬祭の奉仕を行いました。

担当の方と打ち合わせをしている中、今後の通夜についての話になりました。

いずれ、通夜の件数は必ず減る傾向に進むそうです。

今の時代、家族・親族中心の葬儀が多くなりつつあります。

葬儀のことで、諸々のことを考え、一日で終える葬儀が今まで以上に多くなっているとのことです。

DSC_0103

時代によって、世の中は変わっていきます。葬儀の行い方も変わりつつあります。

時代についていくしかないと思いました。

,

第17回神道講座に参加。(副)

皆様、おはようございます。

先日、6月9日(木)・10日(金)の両日、私の母校(國學院大學)にて“第17回神道講座”に参加してきました。

DSCN0299

主宰は、國學院大學と教派神道連合会です。

教派神道連合会とは、我々出雲大社教を含む神道系12教派の集まりです。

さて、今回は2日間にわたり、7講座が行われました。

本格的な座学の研修は、学生以来約15年ぶりです。

印象に残った口座は、1講座目の彬子女王殿下の講座「日本文化を未来に伝えるために」と7講座目の藤本頼生先生の「現代社会と神道教化」です。

DSCN0307

女王殿下は、自ら立ち上げられた心游舎(しんゆうしゃ)の活動を通して、未来を担うこどもたちのために“和菓子作り”などのワークショップを行われています。本物を通して、こどもたちを育成されています。

「こどもだから、一流の芸を見せたり、食べ物を食べさせるのは勿体ない」のではなく、「こどもだからこそ一流のものに触れさせるべきだ」とおっしゃっていました。私も、この言葉を我が子たちに実践していきたいと思います。

また、藤本先生の講座では、インターネット社会と宗教がどうかかわるかということを、具体的な例を示して説明して下さいました。

二日間で学んだ事を、今後の布教に活かしていきたいと思います。

 

,

ご挨拶。(I)

皆様、初めまして。私は東京都より参りました、Iと申します。

この度、ご縁をいただきまして5月6日より出雲大社朝霞教会にご奉仕させていただくことになりました。

img_1877

早いもので、奉職してから1ヶ月が過ぎようとしております。わからないことだらけですが、神明にご奉仕させていただける嬉しさと感謝の日々を過ごしております。

私は神職としても未熟でございますが、一生懸命頑張り、諸先輩方からご指導、ご鞭撻を賜りながら邁進していきたい所存でございます。

皆様、おやしろにお越しの際はどうぞお気軽にお声掛け下さい。ご縁をいただけた今の自分があるように、そこからまたたくさんのご縁が生まれると私は信じております。

それでは皆様宜しくお願いいたします。