, , , , , , ,

平成31年「節分」「立春」限定御朱印の頒布について(仮)

「節分限定御朱印」ならびに「立春限定御朱印」についてのお知らせです。

※現在、「鬼」「鶯」のハンコを作製中です。ハンコができ次第、「御朱印帳に直書き」については掲載させていただきます。「御朱印帳に直書き」の掲載がないため、(仮)の告知とさせていただきます。

2月3日(日)~11日(月・祝)の期間に下記概要にて「節分限定御朱印」ならびに「立春限定御朱印」を頒布させていただきます。“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

なお、今年の「御朱印紙」のデザインは、和紙はり絵のイラストレーター山口古穂さんにお願いしております。年間を通じて、男の子と女の子が各季節の行事を行っているデザインをご依頼いたしております。今回は、二人が節分に「豆まきをしている」デザインと立春に「梅に止まった鶯を見ている」デザインです。

なお、山口様は一般社団法人恩送り様にご紹介いただきました。その関係で、御朱印紙の初穂料の一部は、一般社団法人恩送り様を通じて、車椅子の寄付などの障害者支援に充てられます。

 

【御朱印紙(節分・赤)】

【御朱印紙(節分・青)】

【御朱印紙(立春)】

※現在、「鬼」「鶯」のハンコを作製中です。ハンコができ次第、「御朱印帳に直書き」については掲載させていただきます。

 

<「節分」「立春」限定御朱印の概要>

〇頒布内容

・2月3日(日) 節分限定御朱印

「御朱印帳に直書き」「節分限定御朱印・御朱印紙2種類」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計5種類を頒布いたします。※雨天の場合には「節分限定御朱印・御朱印紙2種類」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計4種類のみの頒布とさせていただきます。

・2月4日(月) 立春限定御朱印

「御朱印帳に直書き」「立春限定御朱印・御朱印紙」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計4種類を頒布いたします。※雨天の場合には「立春限定御朱印・御朱印紙」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計3種類のみの頒布とさせていただきます。

・2月5日(火)~11日(月・祝) 「節分限定御朱印・御朱印紙2種類」「立春限定御朱印・御朱印紙」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計5種類の御朱印紙を頒布いたします。

〇受付時間:9:00~17:00

〇初穂料:各800円

注意事項:2月3日(日)【節分限定御朱印】と4日(月)【立春限定御朱印】が雨天の場合には、「御朱印帳に直書き」からそれぞれの「御朱印紙」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」のみの頒布に変更とさせていただきます。なお、変更の場合は前日の17時までにこちらの「新着情報」欄で告知させていただきますので、必ずご確認下さい。

【「御朱印紙」への変更理由】

当おやしろの境内はたいへん狭いため、多くの方がご参拝されますと、道路(公道)にお並びいただくことになります。雨天で傘を差してお並びいただくと交通の妨げになるばかりではなく、事故につながる可能性がございます。もし、そのような事態が生じた場合、今後「限定御朱印」を廃止せざるを得なくなってしまいます。当おやしろの事情をお汲み取りいただき、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

〇おさがり:2月3日(日)には「節分福豆2種類」、2月4日(月)には「おいり」をそれぞれ先着200名様にお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

節分福豆・正【節分福豆】

おいり【おいり】

kinsename_kouhakufukuohashi_3【幸福飴】

 

【補足事項】

<2月3月(日)・4日(月)>

〇当日は終日に亘り、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。

〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。

御朱印帳のカバーは取り外して、お渡し下さい。

〇御朱印帳をお預かりした順番に対応させていただきますが、お渡しする順番が前後することがございます

〇御朱印をお受けになられましたら、ご自分の御朱印帳か必ずご確認下さい

<期間中全体>

〇「節分限定御朱印」「立春限定御朱印」の各御朱印紙は600体限定です。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

〇御朱印は原則、お一人様につき各一冊(各一体)とさせていただきます。

二度並びはご遠慮下さい。

転売目的の方はご遠慮下さい。

2月10日(日)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。「節分限定御朱印・御朱印紙2種類」「立春限定御朱印・御朱印紙」ならびに「干支限定御朱印①・御朱印紙2種類」の計5種類のみの頒布とさせていただきます

 

 

 

 

 

 

 

 

, ,

1月・2月の戌の日(安産祈願の日)

1月・2月の戌の日(安産祈願の日)

 1月    1日(火)・13日(日)・25日(金)

2月   6日(水)・18日(月)

“だいこくさま”は、むすびのお力により、お母様と赤ちゃんのご縁を結んで下さいました。その感謝と、今後のお母様の体の安全と赤ちゃんが無事に生まれてくることをお祈りいたします。

たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。それにあやかって、妊娠5か月目頃の「いぬの日」に行います。

“当おやしろ”では安産祈願を随時承っております。お越しの際は腹帯をお持ち下さい。なお、腹帯はご用意しておりません。安産祈願の授与品として、御神札・お守り・絵馬・おさがりをお渡しいたします。

, , , , , , , ,

平成31年「人日限定御朱印」の頒布について

年明け、1月7日(月)は人日の節句です。こちらの節句にちなんで、平成31年1月7日(月)~14日(月・祝)の期間に「人日限定御朱印」を頒布いたします。

今年の「御朱印紙」のデザインは、和紙はり絵のイラストレーター山口古穂さんにお願いしております。年間を通じて、男の子と女の子が各季節の行事を行っているデザインをご依頼いたしております。今回は、二人が七草粥を食べているデザインです。

なお、山口様は一般社団法人恩送り様にご紹介いただきました。その関係で、御朱印紙の初穂料の一部は、一般社団法人恩送り様を通じて、車椅子の寄付などの障害者支援に充てられます。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【人日とは】

文字通り「人の日」のことです。

人日の由来は、中国の古い習俗から来ており、中国では、正月7日の日に七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べ、無病息災を祈っていました。日本には、平安時代頃に伝わり、江戸時代に入ると、人日は幕府の公式行事となり、七草がゆを食べ、邪気を払い万病を除くお祝いをしていました。この風習が、現在でも日本全国で行われています。

春の七草は芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・蘩蔞(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)のことを指します。

 

<平成31年「人日限定御朱印」の概要>

〇頒布期間 平成31年1月7日(月)~14日(月・祝)

〇受付時間 9:00~17:00

〇初穂料 800円

〇体数 600体限定 ※お一人様につき、一体の頒布とさせていただきます。

〇頒布内容 「御朱印紙」のみの頒布とさせていただきます。

〇おさがり 先着200名様には“おさがり”として、「お年賀干支飴」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

【お年賀干支飴】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

【ご注意】

〇期間中、通常の御朱印はご対応いたしかねますので、ご注意下さい。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

12日(土)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日 限定御朱印」は頒布いたしません。

 

, , , , , , , ,

平成31年「初詣限定御朱印」の頒布について

平成31年の新年を迎えるにあたり、「初詣限定御朱印」を頒布いたします。

この度の御造替事業に備え、すでに境内の一部の模様替えが始まっていますが、2月から本格的な工事が始まります。

この工事に伴い、現存の「出雲大社朝霞教会  」「荒船神社」の各御社殿と、「手水舎」も解体されてしまいます。

そのため、皆様の記念に残るように、各施設のデザインを御朱印紙の左側に入れさせていただきました。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【出雲大社朝霞教会】

【荒船神社】

【手水舎】

<「平成31年「初詣限定御朱印」の概要>

〇頒布期間 平成31年1月1日(火)~14日(月・祝)

〇受付時間 9:00~17:00  ※1月1日のみ0:00~2:00も受付

〇初穂料 各800円

〇体数 各900体限定 ※お一人様につき、各一体ずつの頒布とさせていただきます。

〇頒布内容 全て「御朱印紙」のみの頒布とさせていただきます。

〇おさがり 先着500名様には“おさがり”として、「おみくじ付き干支飴」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

【おみくじ付き干支飴】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

【ご注意】

〇期間中、通常の御朱印はご対応いたしかねますので、ご注意下さい。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

1月1日(火)・6日(日)・12日(土)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日 限定御朱印」は頒布いたしません。

, , , , ,

平成31年「干支限定御朱印」の頒布について

平成31年の干支・イノシシにちなんで、「出雲大社朝霞教会 亥」「荒船神社 ゐorいorいのしし」の「干支限定御朱印」を、年間を通して頒布いたします。

各2か月間の頒布期間で、計12種類を頒布させていただきます。それぞれ、頒布期間が異なりますので、ご注意下さい。

なお、各デザインは、当おやしろの筆耕(書き手)さん6名にご依頼いたしました。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

①1月1日(火)~2月28日(木)

②3月1日(金)~4月30日(火)

③5月1日(水)~6月30日(日)

④7月1日(月)~8月31日(土)

⑤9月1日(日)~10月31日(木)

⑥11月1日(金)~12月31日(火)

<「平成31年「干支限定御朱印」の概要>

〇各頒布期間 上記参照

〇受付時間 9:00~17:00 ※平成31年1月1日のみ0:00~2:00も受付

〇初穂料 各800円

〇頒布内容 全て「御朱印紙」のみの頒布とさせていただきます。

【ご注意】

頒布体数に限りはございません。十分に在庫がございますので、各期間中ご都合の良い時にご参拝下さい。

お一人様につき、各一体ずつの頒布とさせていただきます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

,

木材の検品に岐阜へ出張(副)

11月29日(木)・30日(金)の日程で、来年から始まる「御造替事業」に使用する木材の検品に、教会長と工務店の担当者様と岐阜へ出張して参りました。

御社殿用に使用する木材(檜・ヒノキ)を扱っていただいてる桑原木材さんです。

当おやしろで使用する木材には、「出雲大社朝霞教会」の略で「出」の印が記してあります。

使用する木材の前で記念撮影です。

下呂温泉に宿泊いたしましたが、近隣には出雲大社飛騨教会さんがあり、参拝することができました。

使用する木材を間近に見ることができました。着工が楽しみです。

, , , , , ,

「神在祭御朱印」の御礼

皆様、おはようございます。

11月17日(土)~24日(土)に実施させていただいた「神在祭御朱印」では、御朱印紙を含め、のべ約1100体の頒布がございました。

17日(土)と24日(土)の「御朱印帳に直書き」の日にも晴天に恵まれ、両日とも土曜日ということもあり、多くの方のご参拝をいただきました。

17日(土)「神迎祭限定御朱印 御朱印帳に直書き」は259体の頒布

24日(土)「神等去出祭限定御朱印 御朱印帳に直書き」は137体の頒布

がございました。

狭い境内ではございますが、皆様のご協力をいただき、滞りなく終えることができました。ありがとうございました。

次回は、12月25日(火)~31日(月)に「大祓限定御朱印(御朱印紙のみ)」を頒布させていただきます。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

, , , , , , ,

「神在祭限定御朱印」の頒布状況について

11月17日(土)の「神迎祭限定御朱印(金文字で御朱印帳に直書き)」の頒布の際には、多くの方にご参拝いただき、ありがとうございました。

・「神迎祭限定御朱印(金文字で御朱印帳に直書き)」 259体

・「神在祭限定御朱印(金文字の御朱印紙)」      176体

・「神在祭限定御朱印(銀文字の御朱印紙)」      160体  計595体

の頒布がございました。「御朱印紙」は「銀」より「金」の方が人気があるようです。

 「神迎祭限定御朱印(金文字で御朱印帳に直書き)」11月17日(土)のみ頒布

「神在祭限定御朱印(金文字の御朱印紙)」

「神在祭限定御朱印(銀文字の御朱印紙)」

なお、「神在祭限定御朱印(金文字・銀文字の御朱印紙)」は24日(土)まで各600体限定で頒布しております。各御朱印紙の在庫はまだ十分にございます。もし、在庫が100体を切るようでしたら、こちらの「新着情報」欄で告知させていただきます。

次回は、11月24日(土)に「神等去出祭(からさでさい)限定御朱印」を銀文字で御朱印帳に直書きにて頒布させていただきます。※雨天の場合は変更あり

「神等去出祭限定御朱印(銀文字で御朱印帳に直書き)」」11月24日(土)のみ頒布

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

※期間中、先着300名様にお渡しする“おさがり”の「ぜんざい」は終了いたしました。以後は、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。ご了承下さい。

ぜんざい【ぜんざい】

kinsename_kouhakufukuohashi_3【幸福飴】

 

 

, , , , , ,

「大祓限定御朱印」の頒布について

大祓(おおはらい)は神社で年に二度おこなわれ、6月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼び、12月の大祓を年越しの祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた)を用いて、心身の半年間の罪(つみ)や穢(けがれ)を祓い、茅の輪(ちのわ)くぐりを行います。

この大祓の行事にちなんで、年末に「大祓限定御朱印」を頒布させていただきます。境内の広さの関係上、茅の輪くぐりは行えませんが、「大祓限定御朱印」をお受けいただき、半年間の罪や穢をお祓い下さい。

なお、デザインは中央に「お祓いをしている神職」、右下には「茅の輪」、日付は「平成三十年 年越大祓」と入ります。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

 

 

<「大祓限定御朱印」の概要>

〇頒布期間:12月25日(火)~31日(月)

〇受付時間:9:00~17:00

〇初穂料:800円

〇体数:各600体限定 ※お一人様につき、一体の頒布とさせていただきます。

〇頒布内容:「御朱印紙」のみの頒布とさせていただきます。※「御朱印帳に直書き」はできません

〇おさがり:先着200名様には“おさがり”として、邪気を払い、福を招き、来年のまめな一年を願う「五色福豆」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

 

五色福豆【五色福豆】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

 

 

【ご注意】

〇期間中は「大祓限定御朱印」のみの頒布となります。600体が頒布終了次第、御朱印の受付を終了とさせていただきます。通常の御朱印もご対応いたしかねますので、ご注意下さい。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

12月26日(水)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。「大祓限定御朱印」のみの頒布とさせていただきます。

 

 

 

 

,

第2駐車場がご利用いただけます(副)

七五三の繁忙期を迎える前に、第2駐車場がご利用いただけるようになりました。

※おやしろの隣の隣の土地です。入口のポール柵工事が終了すれば、駐車場工事の完了です。

こちらは、7台分の駐車スペースがございます。既存の駐車場(6台分)と臨時駐車場(4台分)を合わせると17台分の駐車スペースがございます。

お正月過ぎまでは第2駐車場としてご利用いただけます。なお、1月2週目あたりから、こちらの土地に仮社殿・仮社務所を建てるための基礎工事が入る予定です。

ご参拝の際には、どうぞご使用下さい。