, , , , , , , ,

「人日限定御朱印」について。

年明け、1月7日(日)は人日の節句です。こちらの節句にちなんで、平成30年1月7日(日)~13日(土)の期間に「人日限定御朱印」を頒布させていただきます。御朱印のデザインは、春の七草をモチーフにし、筆の色は七草の色である緑を用いています。

人日限定御朱印 見本

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【人日とは】

文字通り「人の日」のことです。

人日の由来は、中国の古い習俗から来ており、中国では、正月7日の日に七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べ、無病息災を祈っていました。日本には、平安時代頃に伝わり、江戸時代に入ると、人日は幕府の公式行事となり、七草がゆを食べ、邪気を払い万病を除くお祝いをしていました。この風習が、現在でも日本全国で行われています。

春の七草は芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・蘩蔞(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)のことを指します。

 

<「人日限定御朱印」の概要>

〇頒布期間 平成30年1月7日(日)~13日(土)

〇受付時間 9:00~17:00

〇初穂料 800円

〇体数 500体 ※お一人様につき、一体の頒布とさせていただきます。

〇頒布内容 「書き置き」のみの頒布とさせていただきます。

〇おさがり 先着300名様には“おさがり”として、「お年賀干支飴」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

お年賀 飴【お年賀干支飴】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

【ご注意】

500体が頒布終了次第、御朱印の受付を終了とさせていただきます。通常の御朱印もご対応いたしかねますので、ご注意下さい。※「初詣限定御朱印」に残数があれば、頒布させていただきます。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

12日(金)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。