「大祓限定御朱印」について。

大祓(おおはらい)は神社で年に二度おこなわれ、6月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼び、12月の大祓を年越しの祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた)を用いて、心身の半年間の罪(つみ)や穢(けがれ)を祓い、茅の輪(ちのわ)くぐりを行います。

この大祓の行事にちなんで、年末に「大祓限定御朱印」を頒布させていただきます。境内の広さの関係上、茅の輪くぐりは行えませんが、「大祓限定御朱印」をお受けいただき、半年間の罪や穢をお祓い下さい。

なお、デザインは中央に「茅の輪」、右下には「人形」、日付は「平成二十九年 年越大祓」と入ります。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

 

20171122132141_00001

 

<「大祓限定御朱印」の概要>

〇頒布期間:12月25日(月)~31日(日)

〇受付時間:9:00~17:00

〇初穂料:800円

〇体数:500体 ※お一人様につき一体とさせていただきます。

〇頒布内容:「二社見開きの書き置き」のみの頒布とさせていただきます。※二社とは「出雲大社朝霞教会」と「荒船神社」です。

〇おさがり:先着200名様には“おさがり”として、邪気を払い、福を招き、来年のまめな一年を願う「五色福豆」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

 

五色福豆【五色福豆】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

 

 

【ご注意】

〇期間中は「大祓限定御朱印」のみの頒布となります。500体が頒布終了次第、御朱印の受付を終了とさせていただきます。通常の御朱印もご対応いたしかねますので、ご注意下さい。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

12月25日(月)・31日(日)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。「大祓限定御朱印」のみの頒布とさせていただきます。