七五三参りについて。(I)

皆様、こんにちは。

七五三の起源は平安時代まで遡ります。当時は現代のように医療が発達していませんでした。そのため7歳までは死亡率が高く、「神の子」と考えられていました。そこで、3歳、5歳、7歳の節目の年に人生の通過儀礼としてお祝いが行われるようになりました。

・髪置(かみおき)

3歳を迎えた男の子と女の子が、髪を伸ばし始めます。

・袴儀(はかまぎ)

5歳を迎えた男の子が、袴を初めて着けます。

・帯解(おびとき)

7歳を迎えた女の子が、ひも付きの着物から帯を締める着物に変わります。

 

上記のような儀式が定まったのは江戸時代とされています。一説には、江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉公が、我が子徳松の袴儀のお祝いを11月15日の吉日に行ったことがその由来と云われています。以降、武家から一般庶民にも広まり、現在では神社に詣でて無事に成長した事を感謝し、今後の健やかなる成長を祈願する人生儀礼となりました。

今年の七五三に該当するお子さんは、3歳(平成26年生まれ)の男女、5歳(平成24年生まれ)の男子、7歳(平成22年生まれ)の女子です。七五三詣は、本来は数え年で行うのですが、近年は、満年齢で行うことも多くなってきています。

dscn0386