• img_1148
  • 出雲大社と神葬祭

    現在、多くの方が仏式でお葬式を執り行っています。これは江戸時代に、徳川幕府が政策として寺請制度(檀家制度)を設けたからです。それが今も連綿と続いているのです。

    しかし、明治の時代に入り、神葬祭も自由にできるようになりました。出雲大社においては出雲大社教を組織し、積極的に神葬祭に取り組みました。それは、御祭神である“だいこくさま”が死後の世界である幽冥
    かくりよ
    を治める神様でもあるからです。

当おやしろの神葬祭について

“当おやしろ”では出雲大社教の布教の一環として、県内や都内をはじめ関東圏内で出張にて神葬祭をご奉仕しております。神葬祭は、儀式が厳かで分かりやすく、経済的に負担が少ない、のが特徴です。そのような観点から、神葬祭は徐々に広まりつつあります。

神葬祭費用の目安

祭祀料 お車代 合計
火葬祭のみ 5万円 1万円 6万円
葬場祭のみ(1日葬) 12万円 1万円 13万円
通夜祭・葬場祭<1人奉仕> 20万円 2万円 22万円
通夜祭・葬場祭<2人奉仕> 30万円 2万円 32万円

神葬祭早見表

奉仕人数 奉仕日数 奉仕場所 通夜祭 葬場祭 十日祭 火葬祭
火葬祭のみ 1人 1日 火葬場のみ
葬場祭のみ

(1日葬)

1人 1日 斎場と火葬場
通夜祭・葬場祭

<1人奉仕>

1人 2日 1日目・斎場
2日目・斎場と火葬場
通夜祭・葬場祭

<2人奉仕>

2人 2日 1日目・斎場
2日目・斎場と火葬場

※通夜祭には、遷霊祭も含みます。
※「通夜祭・葬場祭<1人奉仕>」のご依頼が最も多くございます。

神葬祭の流れ

①遷霊祭・通夜祭(1日目)

故人様の魂を霊璽れいじにお移しし、祭詞を奏上いたします。「通夜」は“夜を通す”と書きます。儀式後も、できる限り故人様を偲ぶ時間をお過ごし下さい。

②葬場祭・十日祭(2日目)

『神葬祭申込履歴書』を参考に祭詞を作成し、十日祭詞と共に奏上いたします。故人様に敬意を表すと伴に、故人様がどのような人生を歩まれたかをご参列の皆様にお聞きいただきます。

※十日祭は火葬後に執り行うのが本義ですが、現在は葬場祭と一緒に執り行うのが一般的となっています。

火葬祭

火葬場にて、最期の玉串拝礼を執り行います。

なお、上記の流れは“当おやしろ”独自のものです。神葬祭は、地域や執り行う神職によって様々な形式がございます。

お申込み方法

①“当おやしろ”へのご連絡

まずは、亡くなった旨をご連絡下さい。お電話などで承っております。日程を調整いたします。

ご来社によるお申込み

受付時間:9:00~17:00

(年中無休)

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-20-18(Google map

お電話によるお申込み

受付時間:9:00~17:00

(年中無休)

TEL:048-463-3720
FAX:048-463-3723
MAIL:info@izumotaisha-asaka.or.jp

②葬儀社様へのご連絡

“当おやしろ”の予定等を葬儀社様にお知らせ下さい。

③『神葬祭申込履歴書』のご記入

神葬祭申込履歴書に故人様の履歴をご記入下さい。直接お越しになって、ご記入いただけるほか、オンライン記入とPDFをご用意しております。PDFをご利用になる場合は、下記にてファイルをダウンロードいただき、項目にご記入の上、FAXかメールにてお送り下さい。

ご来社時にご記入

神葬祭申込履歴書をご用意しておりますので、ご記入下さい。

FAX・メールで送付

宛先は以下の通りです。

FAX:048-463-3723
MAIL:info@izumotaisha-asaka.or.jp