「人日限定御朱印」について。

年明け、1月7日(日)は人日の節句です。こちらの節句にちなんで、平成30年1月7日(日)~13日(土)の期間に「人日限定御朱印」を頒布させていただきます。御朱印のデザインは、春の七草をモチーフにし、筆の色は七草の色である緑を用いています。

人日限定御朱印 見本

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【人日とは】

文字通り「人の日」のことです。

人日の由来は、中国の古い習俗から来ており、中国では、正月7日の日に七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べ、無病息災を祈っていました。日本には、平安時代頃に伝わり、江戸時代に入ると、人日は幕府の公式行事となり、七草がゆを食べ、邪気を払い万病を除くお祝いをしていました。この風習が、現在でも日本全国で行われています。

春の七草は芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・蘩蔞(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)のことを指します。

 

<「人日限定御朱印」の概要>

〇頒布期間 平成30年1月7日(日)~13日(土)

〇受付時間 9:00~17:00

〇初穂料 800円

〇体数 500体 ※お一人様につき、一体の頒布とさせていただきます。

〇頒布内容 「書き置き」のみの頒布とさせていただきます。

〇おさがり 先着300名様には“おさがり”として、「お年賀干支飴」をお渡しいたします。終了次第、通常の「幸福飴」に切り替えさせていただきます。

お年賀 飴【お年賀干支飴】

kinsename_kouhakufukuohashi_3   【幸福飴】

【ご注意】

500体が頒布終了次第、御朱印の受付を終了とさせていただきます。通常の御朱印もご対応いたしかねますので、ご注意下さい。※「初詣限定御朱印」に残数があれば、頒布させていただきます。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

二度並びはご遠慮下さい

転売目的の方はご遠慮下さい。

12日(金)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。

「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況について。【12/2(土)16:00現在】

皆様、こんにちは。

「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況ですが、まだ200体弱の残数がございます。

神在祭②

明日【12/3(日)】は週末で、多くの方の参拝が見込まれますが、もし足らなくなった場合には【白の台紙】にて対応させていただきます。こちらは十分に用意がございますので、ご安心下さい。

神在祭限定御朱印(予備・白紙)

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況について。【12/1(金)15:00現在】

皆様、こんにちは。

「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況ですが、まだ300体弱の残数がございます。明日【12/2(土)】は問題なく頒布できそうです。

神在祭②

明日は土曜日で、平日より多くの方の参拝が見込まれますので、また明日の夕方に残数を報告させていただきます。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

12月・1月の戌の日(安産祈願の日)

12月・1月の戌の日(安産祈願の日)

12月  1日(金)・13日(水)・25日(月)

1月   6日(土)・18日(木)・30日(月)

“だいこくさま”は、むすびのお力により、お母様と赤ちゃんのご縁を結んで下さいました。その感謝と、今後のお母様の体の安全と赤ちゃんが無事に生まれてくることをお祈りいたします。

たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。それにあやかって、妊娠5か月目頃の「いぬの日」に行います。

“当おやしろ”では安産祈願を随時承っております。お越しの際は腹帯をお持ち下さい。なお、腹帯はご用意しておりません。安産祈願の授与品として、御神札・お守り・絵馬・おさがりをお渡しいたします。

「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況について。

皆様、こんにちは。

11月28日(火)より頒布させていただいている「神在祭限定御朱印(500体限定)」の頒布状況ですが、まだ300体以上の残数がございます。今日・明日は問題なく頒布できますので、安心してご参拝下さい。

神在祭②

また、明日の夕方に残数を報告させていただきます。

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

明日から「神在祭御朱印」の頒布です。(副)

皆様、こんにちは。

いよいよ、明日(11/27・月)から「神在祭御朱印」の頒布です。

初日の明日は、「神迎祭限定御朱印(直書き)」の頒布となります。

神迎祭②

天気も良いようなので、無事に行えそうです。

直書きの「神迎祭限定御朱印(11/27・月)」と「神等去出祭限定御朱印(12/4・月)」は、それぞれ一日のみの頒布となりますが、「神在祭御朱印」3種類の完成を目指して、ご参拝いただければと思います。

神在祭コンプリート【神在祭御朱印の完成形】

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

 

 

ブログを更新しました。〈オリジナル絵馬について。(I)〉

皆様こんにちは。

当おやしろオリジナルの絵馬が奉製されました。

オリジナル絵馬

絵馬とは、神社や寺院で祈願をするときや、祈願した願いが叶ったことへの謝礼をするときに奉納する、絵が描かれた木の板のことです。

絵馬は、奈良時代にはすでに存在していたという記録があり、祈願するときに馬を奉納していました。しかし、本物の生きた馬は貴重で高価なため、木の板に馬の絵を描いた代用品を奉納するようになりました。

この、馬の絵を描いた板が、絵馬のはじまりだといわれています。

是非とも、お参りの際には絵馬をお授かりいただきたいと思います。

 

御朱印について思うこと。(H)

皆様、おはようございます。

現在、当おやしろでは節句にちなんだ限定御朱印を頒布させていただいております。また、各神社様でも祭礼や時季に合わせて、趣を変えた御朱印を頒布されているようです。

参拝者の方にとって、御朱印をいただくことは、神社参拝の楽しみの一つでもあると思います。

ただし、御朱印は神社を参拝した証しの印であり、スタンプラリーなどとは異なります。

何よりも、まずは神様に手を合わせることを忘れずに、御朱印で多くの神様とのご縁を結んでいただければと思います。

20170913100614_00001

※「神在祭限定御朱印」平成29年11月27日(月)~12月4日(月)頒布予定

 

 

 

 

「重陽限定御朱印」の御礼&次回予告。

この度は、「重陽限定御朱印」に多くの参拝者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

今回の「重陽限定御朱印」では、雨の日もございましたが、一週間の期間に約600名の方のご参拝をいただきました。

「御朱印帳に直書き」を行った9月9日(土)も、皆様のご協力をいただき、比較的スムーズに頒布することができました。

まだまだ、至らぬ点がございますが、一人でも多くの方と“だいこくさま”との縁むすびに仲取り持ちをさせていただければ、幸いに存じます。

次回は、11月27日(月)~12月4日(月)の期間に「神在祭限定御朱印」を頒布せていただく予定です。

20170913100614_00001

出雲地方では旧暦11月を「神在月」と申します。その時期、宗祠・出雲大社(島根県)では、「神在祭」がご奉仕されます。この「神在祭」の期間に合わせて、「神在祭限定御朱印」を頒布せていただく予定です。

詳細が決まり次第、こちらの「新着情報」欄で告知させていただきます。

皆様の、またのご参拝をお待ちしております。

 

出雲屋敷地鎮祭の奉仕。(副)

昨日(7/21・金)、千葉県柏市にてS様邸の出雲屋敷地鎮祭をご奉仕して参りました.

DSC_0116

梅雨明けの青空の中、清々しくご奉仕をさせていただきました。

ホームページ上で出雲屋敷の紹介をさせていただいてから、ご依頼の件数が増えております。

来週も、東京都立川市にて出雲屋敷地鎮祭のご奉仕の予定がござます。

“だいこくさま”に見守られ、工事の無事完成と日々の平穏な暮らしをご祈念申し上げます。

S様、おめでとうございました。