御朱印について思うこと。(H)

皆様、おはようございます。

現在、当おやしろでは節句にちなんだ限定御朱印を頒布させていただいております。また、各神社様でも祭礼や時季に合わせて、趣を変えた御朱印を頒布されているようです。

参拝者の方にとって、御朱印をいただくことは、神社参拝の楽しみの一つでもあると思います。

ただし、御朱印は神社を参拝した証しの印であり、スタンプラリーなどとは異なります。

何よりも、まずは神様に手を合わせることを忘れずに、御朱印で多くの神様とのご縁を結んでいただければと思います。

20170913100614_00001

※「神在祭限定御朱印」平成29年11月27日(月)~12月4日(月)頒布予定

 

 

 

 

「重陽限定御朱印」の御礼&次回予告。

この度は、「重陽限定御朱印」に多くの参拝者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

今回の「重陽限定御朱印」では、雨の日もございましたが、一週間の期間に約600名の方のご参拝をいただきました。

「御朱印帳に直書き」を行った9月9日(土)も、皆様のご協力をいただき、比較的スムーズに頒布することができました。

まだまだ、至らぬ点がございますが、一人でも多くの方と“だいこくさま”との縁むすびに仲取り持ちをさせていただければ、幸いに存じます。

次回は、11月27日(月)~12月4日(月)の期間に「神在祭限定御朱印」を頒布せていただく予定です。

20170913100614_00001

出雲地方では旧暦11月を「神在月」と申します。その時期、宗祠・出雲大社(島根県)では、「神在祭」がご奉仕されます。この「神在祭」の期間に合わせて、「神在祭限定御朱印」を頒布せていただく予定です。

詳細が決まり次第、こちらの「新着情報」欄で告知させていただきます。

皆様の、またのご参拝をお待ちしております。

 

七五三詣メダルの授与。(副)

皆様、おはようございます。

あいにくの雨ですね。

今日(9/12・火)は重陽限定御朱印の最終日です。雨にもかかわらず、多くの参拝者の方がいらっしゃっています。

さて、9月に入り七五三のご予約のご依頼が増えて参りました。

今年から、ご祈祷をされたお祝いのお子様には「七五三詣メダル 」を授与いたします。

メダル

儀式終了後に、神職から首にさげさせていただきます。

七五三の記念になれば、幸いです。

ご家族皆様でご参拝下さいませ。

「重陽限定御朱印(9月9日)」の頒布について。

9月9日の重陽の節句に合わせて、9月6日(水)~12日(火)の期間に「重陽限定御朱印」を頒布させていただきます。

古来より、奇数は陽、偶数は陰と考えられてきました。奇数の一番大きな数字である「9」が重なる「9月9日」を重陽の節句として、お祝いしてきました。旧暦では、菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれています。ですので、今回は菊の色に近い「橙色」で文字を記させていただきます。なお、右下には「菊」の印を押させていただきます。また、日付は「平成二十九年重陽」と押させていただきます。

9月9日(土)以外の日程は「書き置き」のみの頒布とさせていただきます。ただし、今回オリジナル御朱印帳をお受けになられた方には「オリジナル御朱印帳に直書き」いたします。

20170809135253_00001

※写真は「二社見開き」のものです。9月9日以外の「書き置き」の頒布期間は「二社見開き」のみです。9月9日は「出雲大社朝霞教会 のみ」「荒船神社のみ 」でも対応させていただきますが、「二社見開き 」の場合は上部に「水引」の印が入り、御朱印帳に一体感出るので、お勧めいたします。

<「重陽限定御朱印」の概要>

〇頒布期間:9月6日(水)~12日(火)

〇受付時間:9:00~17:00

〇初穂料:「二社見開き」800円 ※「出雲大社朝霞教会 」「荒船神社 」各400円

〇頒布内容:9月9日(土)の重陽の節句当日のみ「御朱印帳に直書き」で頒布させていただきます。9月9日(土)以外の6日(水)~8日(金)、10日(日)~12日(火)の期間は「書き置き」のみの頒布とさせていただきます。ただし、今回オリジナル御朱印帳をお受けになられた方には「オリジナル御朱印帳に直書き」いたします。

〇注意事項:9月9日が雨天の場合には、「御朱印帳に直書き」から「書き置き」に変更とさせていただきます。なお、変更の場合は前日の17時までにこちらの「新着情報」欄で告知させていただきますので、必ずご確認下さい。

【「書き置き」への変更理由】

当おやしろの境内はたいへん狭いため、多くの方がご参拝されますと、道路(公道)にお並びいただくことになります。雨天で傘を差してお並びいただくと交通の妨げになるばかりではなく、事故につながる可能性がございます。もし、そのような事態が生じた場合、今後「限定御朱印」を廃止せざるを得なくなってしまいます。当おやしろの事情をお汲み取りいただき、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

〇おさがり:各日、“おさがり”として、先着200名様に「うさぎ飴」「コスモス飴」のセットをお渡しいたします。終了次第、「幸福飴」に切り替えさえていただきます。

ウサギ【うさぎ飴】コスモス飴【コスモス飴】

kinsename_kouhakufukuohashi_3【幸福飴】

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【ご注意】

<期間中全体>

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

〇御朱印は原則、お一人様につき一冊(一枚)とさせていただきます。

二度並びはご遠慮下さい。

転売目的の方はご遠慮下さい。

<9月9日>

9月9日が雨天の場合には、「御朱印帳に直書き」から「書き置き」に変更とさせていただきます。なお、変更の場合は前日の17時までにこちらの「新着情報」欄で告知させていただきますので、必ずご確認下さい。

〇当日は終日に亘り、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。

〇御朱印帳がない方は、書き置きの御朱印をお渡しいたします。

御朱印帳のカバーは取り外して、お渡し下さい。

〇御朱印帳をお預かりした順番に対応させていただきますが、お渡しする順番が前後することがございます

〇御朱印をお受けになられましたら、ご自分の御朱印帳か必ずご確認下さい

<9月9日以外>

「書き置き」のみの頒布とさせていただきます。ただし、今回オリジナル御朱印帳をお受けになられた方には「オリジナル御朱印帳に直書き」いたします。

9月8日(金)は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。「重陽限定御朱印」のみの頒布とさせていただきます。

「彩夏祭限定御朱印」の御礼。

この度は、「彩夏祭限定御朱印」に多くの参拝者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

DSC_0165

今回の「彩夏祭限定御朱印」では、【彩夏ちゃん】【花火】2種類の御朱印(書き置き)を頒布させていただきましたが、どちらとも300枚以上の頒布がございました。

また、併せて頒布を開始させていただきましたオリジナル御朱印帳も50冊以上の頒布がございました。

今後も、一人でも多くの方と“だいこくさま”との縁むすびに仲取り持ちをさせていただければ、幸いに存じます。

次回は9月9日の重陽の節句に合わせて「重陽限定御朱印」を頒布せていただく予定です。近日中に、こちらの新着情報欄で詳細を告知させていただきます。

皆様の、またのご参拝をお待ちしております。

 

オリジナル御朱印帳が完成いたしました。

当おやしろのオリジナル御朱印帳が完成いたしましたので、ご報告です。

御朱印帳(表)(表) 御朱印帳(裏)(裏)

彩夏祭限定御朱印と同時に、8月4日(金)より頒布させていただきます。

二社見開きで御朱印をご希望される方が多いため、1ページ目用のシールも作製いたしました。こちらも初穂料(1500円)の中に含まれています。※二社見開きですと、2ページ目から御朱印帳を使用することになります。

シール(1ページ目用のシール)

こんな感じで貼ってください。↓↓↓

御朱印1ページ目

完成形はこんな感じです。↓↓↓

DSC_0154(通常御朱印の完成形・二社見開き)

彩夏祭(彩夏祭限定御朱印の完成形・彩夏ちゃん&花火)

 

【出雲大社朝霞教会オリジナル御朱印帳 概要】

〇初穂料 1500円 ※1ページ目用のシール付きです ※御朱印代は別途いただきます

〇頒布開始日 8月4日(金)

〇規格 横:11.2㎝ 縦:16.0㎝ 奥行:1.6㎝

〇頒布数 300冊

〇お一人様につき1冊のみの頒布とさせていただきます。

転売目的の方はご遠慮下さい。

 

出雲屋敷地鎮祭の奉仕。(副)

昨日(7/21・金)、千葉県柏市にてS様邸の出雲屋敷地鎮祭をご奉仕して参りました.

DSC_0116

梅雨明けの青空の中、清々しくご奉仕をさせていただきました。

ホームページ上で出雲屋敷の紹介をさせていただいてから、ご依頼の件数が増えております。

来週も、東京都立川市にて出雲屋敷地鎮祭のご奉仕の予定がござます。

“だいこくさま”に見守られ、工事の無事完成と日々の平穏な暮らしをご祈念申し上げます。

S様、おめでとうございました。

神殿解体の清祓。(副)

皆様、こんにちは。

朝霞市民会館ゆめぱれすに神殿がございます。昨日(7/13・木)、その解体に伴う清祓をご奉仕して参りました。

神殿

奇しくもお祀りされているのは、出雲大社からのご分霊でした。※当教会よりお分かちしたご分霊ではございません。

市役所の担当者様が過去の記録を遡り、どこのご分霊かわかったようです。

時代の流れに従い、神前での結婚式は減少傾向にあります。市民会館も例にもれず、最近は結婚式を受けていなかったようです。

立派な神殿を解体するのは、大変心苦しいですが、丁重にご奉仕させていただきました。

「七夕限定御朱印」の御礼。

この度は、「七夕限定御朱印」に多くの参拝者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

今回の「七夕限定御御朱印」では、一週間の期間に約600名の方のご参拝をいただきました。

「御朱印帳に直書き」を行った7月7日(金)も、皆様のご協力をいただき、比較的スムーズに頒布することができました。

まだまだ、至らぬ点がございますが、一人でも多くの方と“だいこくさま”との縁むすびに仲取り持ちをさせていただければ、幸いに存じます。

次回は朝霞市民まつり「彩夏祭」期間中【8月4日(金)~6日(日)】に「彩夏祭限定御朱印」を頒布せていただきます。

皆様の、またのご参拝をお待ちしております。

七夕飾り(H.29)小【たくさんの七夕飾り】

「彩夏祭限定御朱印」【8月4日(金)~6日(日)】の頒布について。

朝霞の町が一年で一番盛り上がるイベント・朝霞市民まつり「彩夏祭」に合わせて、期間中【8月4日(金)~6日(日)】に「彩夏祭限定御朱印」を頒布させていただきます。彩夏祭シンボルキャラクターの【彩夏ちゃん】とメインイベントの【花火】をそれぞれデザインさせていただきました。

金の台紙【彩夏ちゃん】と銀の台紙【花火】の2種類をご用意しております。なお、2種類とも「二社見開きの書き置き」のみの頒布とさせていただきます。二社とは「出雲大社朝霞教会」と「荒船神社」です。台紙のサイズは14.8㎝×21.0㎝です。

彩夏祭限定御朱印(彩夏ちゃんバージョン)【彩夏ちゃん】

彩夏祭限定御朱印(花火バージョン)【花火】

<「彩夏祭限定御朱印」の概要>

〇頒布期間:8月4日(金)~6日(日)

〇受付時間:9:00~17:00

〇初穂料:【彩夏ちゃん】【花火】 各800円

〇枚数:各日・各種類 先着300枚ずつ頒布 ※お一人様につき、各種類一枚ずつ受けていただくことが可能です。

〇頒布内容:「二社見開きの書き置き」のみの頒布とさせていただきます。※二社とは「出雲大社朝霞教会」と「荒船神社」です。

〇おさがり:各日、先着300名様に“おさがり”として「すいか飴」「ひまわり飴」のセットをお渡しいたします。

すいか飴(トリミング) 【すいか飴】ひまわり飴(トリミング)【ひまわり飴】

“だいこくさま”のお力に導かれ、一人でも多くの方と“縁むすび”ができますことを御祈念申し上げます。

【ご注意】

〇期間中は「彩夏祭限定御朱印」のみの頒布となります。先着300名様が終了次第、御朱印の受付を終了とさせていただきます。通常の御朱印もご対応いたしかねますので、ご注意下さい。

混雑した場合には、早めに開始することがございます。

〇御朱印は原則、お一人様につき、各種類一枚ずつの頒布とさせていただきます。

〇二度並びはご遠慮下さい。

8月4日は「赤口の日(縁むすびの日)」ですが、「赤口の日限定・縁むすび御朱印」は頒布いたしません。「彩夏祭限定御朱印」のみの頒布とさせていただきます。

〇期間中は終日に亘り、御朱印をご希望される方で混雑が予想されます。

当おやしろの境内は狭いため、ご不便をおかけいたします。