節分。(I)

皆様こんにちは。早いもので今日から2月が始まります。2月3日には節分がございます。今回は、節分についてお話しさせて頂きます。

 

節分とは本来、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日を指しますが、今日では立春の前日のみを節分といいます。

 

旧暦では、立春を一年のはじまりである新年、節分は大晦日(おおみそか)と考えておりました。新暦では、節分は主に2月3日ですが、2月3日、4日が節分となる年もあります。

節分の行事には「追儺(ついな)」や「豆まき」などがあります。

「追儺」は、祭文(さいもん)を奏して鬼に扮した人を桃の弓や矢、棒などで追って悪疫邪気を退けようとするもので、「おにやらい」などとも呼ばれます。これは唐から取り入れられたものとされ、本来は大晦日に行われました。

「豆まき」は炒った大豆を打って鬼を払うもので、室町時代に始まったとされます。大晦日の「追儺」と節分の「豆まき」はもと朝廷などでは区別されていましたが、民間では両者を区別しないところが少なくありませんでした。

節分の日には、特別な御朱印を頒布しております。また、先着20名様に、福豆を頒布しております。

福豆

節分には、皆様のご参拝をお待ちしております。