講習会に行って参りました。(I)

皆様、こんにちは。

先日、島根県出雲市に御鎮座しております、出雲大社へ講習会に行って参りました。

この講習会は、出雲大社教の布教師の資格を頂く為に、全国から集まった受講生たちと寝食をともにし、出雲大社教について7日間勉強する講習会であります。

講習会の日程の半分以上は「祭式」の講義でした。

「祭式」の講義とは、お祀りを奉仕する上で神様に失礼のないよう、様々な決まりを学ぶための講義です。「祭式」は、祭典奉仕の基本原則であり、常に心がけておかなければいけない事柄です。

今回の講習会では、非常に多くのことを学ぶことが出来たと同時に、全国から参加された受講生の方たちとのご縁をいただくことが出来ました。

今回の講習会での貴重な経験を忘れずに、今後もしっかりと奉仕を行っていきたいと思います。

写真は、出雲大社境内に植えられた、震災からの復興への希望を象徴する「奇跡の一本松」の接ぎ木です。

%e5%87%ba%e9%9b%b2%e4%b8%80%e6%9c%ac%e6%9d%be

境内のお花を植え替えました。(副)

皆様、おはようございます。

秋雨とはよく言ったもので、毎日雨が続いてますね。今日(9/24・土)も曇時々雨の予報です。

そろそろ日の光を浴びたくなってきました。

さて、お彼岸を迎え、秋の季節を感じるようになりました。

それに伴い、境内のプランターのお花の植え替えを行いました。

dscn0377dscn0378

コスモスなど秋のお花がメインです。

また、6月に植えた琉球朝顔はまだ咲いているので、そのまま植えてあります。

dscn0382

ご参拝の際は、是非ご覧下さいませ。

県民共済住宅。(H)

皆様こんにちは。9月16日(金)に埼玉県越生町で地鎮祭の奉仕を行いました。

施主様は、県民共済住宅さんでお家を建てられる方です。

インターネットで調べられ、当おやしろにご依頼を頂きました。

県民共済住宅さんでお家を建てられ、地鎮祭を行った方々はご存知と思いますが、工事関係者の方々は参加されません。

施主様と神職のみで地鎮祭を行います。

その為、地鎮祭で必要な準備品など分からない方々は多いと思います。

p1020781

当おやしろでは、地鎮祭に必要な竹、神饌(お供え物)など全て持参し、準備致します。

県民共済住宅さんで、地鎮祭を行う予定がある方は、お気楽にご連絡頂ければと思います。

増える霊璽(れいじ)作製のご依頼。(副)

皆様、おはようございます。

昨日は十五夜でしたね。お月さまは見られましたか?

さて、昨今霊璽(れいじ)の作製のご依頼が増えています。

どういうことなのか?

少し、このことに触れてみたいと思います。

dscn0371

まず、霊璽(れいじ)とは、仏式の位牌にあたるものです。上の写真が、一般的な霊璽(れいじ)です。

さて、霊璽(れいじ)は神葬祭のご依頼があった時に、亡くなった方の御霊(みたま)をお遷(うつ)しするために斎場に持参いたします。そして、遷霊祭(せんれいさい)を行い、霊璽(れいじ)をその家の守り神として、ご自宅にお祀(まつ)りしていただきます。

このような段取りを踏めば、当然ご自宅に霊璽(れいじ)が存在します。しかし、霊園様から埋葬祭などのご依頼があったときに〝霊璽も一緒に作製して下さい〟とういうご依頼が、併せてございます。

事情を伺ってみると、あるケースでは〝金銭的な問題があって、神葬祭がしっかりと行えず、葬儀の際には仮の位牌を葬儀社様に用意してもらった〟と伺いました。

このようなケースが、この1ヶ月で4件ほどございました。

私どもでは、特定の斎家(さいか・寺院の檀家)はそれほどおりません。ですので、葬儀社様や霊園様からのご依頼でご葬家とご神縁を結んでいただくケースがほとんどです。私どもに求めれるものは、いろいろなケースに柔軟に対応していくことです。

仮の位牌のままでは心が落ち着かず、ちゃんとした霊璽を作って欲しいというご依頼は、何かしら信仰心があるということの表れだ思います。

お葬儀は今も昔も仏教が主体です。しかし、もともと仏教の宗旨の方が、親族が亡くなった折に神葬祭にかえたりなど、この頃神葬祭を希望される方が増えていると感じることがあります。

いずれにしても、いただいた貴重なご神縁をきっかけに、心のこもった布教に努めて参りたいと思います。

台風一過。(H)

皆様こんにちは。8月31日(水)に千葉県流山市で地鎮祭の奉仕をして参りました。

先月、8月下旬は、台風が関東に直撃など悪天候の日が多くありました。

この日は、前日の台風一過のおかげで、天候にも恵まれ良い天気の中、奉仕が出来ました。

地鎮祭を行う現場も、施工さんがテントのご準備や土地を綺麗に整備して下さり、円滑に奉仕ができました。

P1020778

9月に入りましたが、地鎮祭等、多くのご依頼がございます。交通事故や、怪我などに注意し、気を抜かずに励んで参ります。