• img_1225
  • 服忌

    服忌ぶっきとは近親者が亡くなったことに対し、遺族がある一定期間慎む慣習のことです。
    日本では伝統的に、近親者が亡くなった際に、お祝い事などを遠慮することを習わしとしてきました。このことから、清浄を尊び、けがれむ日本人の倫理感が見受けられます。ただし、この慣習は時代背景や地域性などによって様々です。“心のけじめ”の期間として、下記の期間を参考にして下さい。

なお、「ふく」とは、喪服を着用すること即ち、喪に服することです。また、「」とは、人の死をいたむことです。現在は別々に扱っていません。

服忌期間

父・母・夫・妻・子 50日
祖父・祖母・孫・兄・弟・姉・妹 30日
曾祖父母・曾孫・甥・姪・伯伯父母 10日

※服忌期間は1年ではなく、最長でも50日です。

服忌期間の対応

・結婚式・お宮参り・七五三などお祝い事への参加を控える。
・お神輿を担ぐなどの祭礼などへの参加を控える。

・神棚に半紙を貼る。
・初詣や正月飾り、また年賀状などの正月の行事は控える。

※立場上やむなく参加の必要のある場合には、「忌明けのお祓い」を受けて下さい。

※年賀状は“喪中”で対応して下さい。

忌明けの対応

・神棚の半紙を除く。
・お正月の御神札を受けていない場合には、神社に受けに行く。