• img_1264

  • 出雲屋敷いずもやしき

    “だいこくさま”は、大地を司る神、大地主大神おとこぬしのおおかみの名を持ち、「土地の神様」として崇敬されています。
    出雲屋敷は、皆様のお家を“だいこくさま”のお屋敷に祀りかえる儀式です。

“当おやしろ”の出雲屋敷について

“だいこくさま”は、大地を司る神の名を持ち、古来より「土地の神様」として崇敬されています。出雲屋敷とは、皆様のお家を“だいこくさま”のお屋敷に祀りかえる儀式です。出雲屋敷は、新築時の地鎮祭や入居の際、またすでにお住まいの住宅や中古住宅、建売住宅など、賃貸住宅以外であればマンションでも儀式を執り行うことが可能です。

出雲屋敷の祈祷により、家の鬼門や風水家相の凶相が無くなると信仰されていますので、方位全般でお困りの方はご相談下さい。
※出雲屋敷の祈祷は、“当おやしろ”の社殿でも執り行うことが可能です。

出張範囲

埼玉県・東京都・千葉県

・神奈川県

初穂料

出雲屋敷祈祷:50,000円

年貢(年会費):5,000円

準備必要なし

出雲屋敷に必要な準備物は全て、当方にて準備して参ります。

儀式内容

儀式は出雲大社の祭式に則り、“二礼四拍手一礼”の作法にて執り行います。

演奏

儀式中に、龍笛にて雅楽の演奏をさせていただいております。笛の音色が入り、“荘厳な儀式”とご好評です。

※遠方の場合は、お車代(5,000円)をいただく場合がございます。また一部お伺いできない地域もございます。ご了承下さい。
※準備物は祭壇・お供え物・竹・砂・縄などです。

年貢(年会日)ご奉納手順について

毎年、9月下旬に当おやしろより「年貢(年会費)ご奉納」について、郵送にてお知らせいたします。
下記、いずれかの手順にて、10月上旬までに年貢(年会費)5,000円以上をご奉納下さい。

  1.   当おやしろまでご持参下さい。
  2.   現金書留にて、ご郵送下さい。
  3.   同封の振込取扱票にて、ゆうちょ銀行よりお振込み下さい。

出雲屋敷地鎮祭の式次第

1.修祓しゅばつ

  • img_1264
  • “お祓い”のことです。式に先立ち、まずはお祓いをいたします

2.降神の儀こうしんのぎ献饌けんせん

  • img_1278

  • 「オー」という声を掛けて、神様を土地にお迎えいたします。そして、お神酒と水玉のフタを開けて、神様にお供えをいたします

3.祝詞奏上のりとそうじょう

  • img_1281
  • 祝詞を読み上げて、神様に工事の無事安全をお祈りいたします。

4.四方祓いしほうはらい

  • img_1296
  • 切麻(紙ふぶき)にて土地の四方をお清めいたします

5.鍬入れの儀くわいれのぎ

  • img_1264
  • お施主様に“鍬入れくわいれ”、施工様に“鋤入れすきいれ”を執り行っていただきます。

    ※設計様がいる場合は、“鍬入れ”の前に設計様に“鎌入れかまいれ”を執り行っていただきます。

6.玉串拝礼たまぐしはいれい

    • img_1264
    • お一人ずつ玉串をお供えしていただき、出雲大社の祭式“二礼四拍手一礼”の作法でご拝礼いたします。神様に工事の無事安全、またご家族のご健康とご多幸をお祈りいただきます。

7.撤饌てっせん昇神の儀しょうしんのぎ

    • img_1264
    • 「オー」という声を掛けて、神様に元のおやしろにお戻りいただきます。そして、お神酒と水玉のフタを閉めて、神様へのお供えを下げます。

8.直会なおらい

    • img_1318

    • お供えしたお神酒で、神職の発声により工事の無事安全を願って乾杯をいたします。

9.散供さんく

  • img_1327
  • 土地の四方に向かって、お施主様・工事関係者様に米・酒・塩・水を撒いていただきます。

儀式と撤収にかかる時間は30分程度です。

ご来社によるお申込み

受付時間:9:00~17:00

(年中無休)

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-20-18(Google map

お電話によるお申込み

受付時間:9:00~17:00

(年中無休)

TEL:048-463-3720
FAX:048-463-3723
MAIL:info@izumotaisha-asaka.or.jp